軽度知的障害&ADHDな息子と不思議ちゃんの母

2011年生まれの息子リーチは支援学級在籍の小学2年生。 2014年生まれの娘は知的には問題ないけれど…最近自由すぎて少々心配(笑) そんな2人の『今』を忘れないよう記録していきたいと思います。

スポンサーリンク

これぞ絵日記

現在5歳10ヶ月の息子。

軽度知的障害かつADHD傾向あり。

 

特にウチの子の場合、おしゃべりが苦手。

だからって、無口な訳で静かな訳では全くなく。

 

語彙も少ないし、接続詞や言い回しも下手っぴなんですが、それなりにしゃべりますチュー

言いたいことを伝えるのに必死だし、興奮するとすぐ声も大きくなるのでうるさいくらい。おしゃべりは私の遺伝かも。

 

 

そして、もう1つ。

言葉と並んで苦手なのが、書くこと。

 

小さい頃から『お絵かき』や『ぬりえ』はあまり好きではありませんでした。 

 上矢印

それでもこれは、水だから面白いのかたまに出すと割りとやったかな。

  

あ、もちろん今もひらがなや数字を書くことはできません。

それでも、最近ね。

ちょっとノートを出してお絵かきするようになったんですラブ

 

 

その原因が。

 

妹の存在ふんわり風船星

 

まぁ、たまにケンカもするし、意地悪もするけど基本は妹ラブ(笑)

 

 

そんな妹さん、現在2才3ヶ月。

女の子らしく、お絵かきが大好き照れ

何書いてるのかは本人にしかわかりませんが、1人歌ったりブツブツ言ったりして書いてます。

 

 

 

妹は妹で、お兄ちゃんが家庭内療育の為、椅子に座って鉛筆で何か書いたりしているのがうらやましくて

 

「ミーもお勉強するのー!!

とお勉強大好きっ子なんです(笑)

 

 

と、話はズレましたが。

そんな息子のやる気を逃してはならぬと、先月24日から絵日記をやらせることにしました。

スポンサーリンク

 

その内容は。

 

 1 大学ノートの表紙に『えにっき』とタイトルを書き、その下に名前を記入

 2 ページの上に私が 11がつ17にち(もく) と記入

 3 息子にその日あったことなど自由に絵を書いてもらう

 4 私が絵の下に補足文を書いたり、絵に矢印をして何か書く

 

 

とこんな感じ。

まさに絵日記。文字はありません。書けないので。

リーチが書くのは絵だけ。

 

ちなみに私が彼に説明してもらってその絵が何か文字を書きますが、全てひらがなで記入するようにしています。ひらがなに少しでも親しんでもらいたいので。

またこの絵日記は 息子専用 で、娘が書くのは禁止おねがい

 

  

これを始めた理由は、

  1. 来年4月から小学校なので宿題を毎日やるみたいな習慣がつくかなと
  2. 絵を書く機会が増える
  3. その日あった事を振り返ることで記憶など脳によさそう
  4. 夕食を作っている間やってもらえる
  5. 私が書いた文字を読む練習

 

かな。

  

また、どうしてもまだ何を書くかを自分で導きだすのはなかなか難しいので、私がその日あった事を聞きだしながら書く内容をアドバイスしてます。

 

それと彼の絵は人オンリーなので、プラスアルファでモノや動物を書く練習もちょこっとずつ。

 

 

ではでは。

恥ずかしいですが今の息子の絵をいくつかご紹介グラサンハート

 

 

 

 

大丈夫かな(笑)

 

 

びっくりさせちゃったら、ごめんなさい。

ウチの子、まだこんな感じの絵なんですー笑い泣き

 

 

まぁ、基本早く終わらせたいってのもあって、丁寧にっていうよりはやや『やっつけ感』があるのは事実ですが・・・、まぁ、うん。こんな感じ(笑)

強いて言えば顔はもうちょっと上手に書けるかな。目を黒くぬったりあせる

 

  

で、やっぱりなるべく続けたいなぁと思っているのでゆるーくやるように心がけてますウインク

 

ゆるーくと言うのは。

 

例えば帰省した時なんかは3日分をまとめて1ページでOKだし、夜外食とかで時間なかったら翌日にしたり。

 

あと、本人の気がのらなくて人を2人書いただけ、しかも小さかったりする時もあります。それでも息子が何を書いたのかちゃんと説明してくれればOK。

ちなみにその時は、保育園に行った妹と自分だと言っていました。

  

私も時間があれば、一緒に座って別の紙に絵を書くこともあるし、夕飯作りながらの時は作りながら覗いて、最後の補足とかは夕食後にやったり。

まぁ、そこら辺もお互いにイヤにならないように合格

 

  

そして最後に大事なのはラブラブ

上手に書けた絵などは、旦那やおじいちゃん、おばあちゃんなどにも見せて、褒めてもらうことウシシ

 

4週間くらい続いたので記事にしてみましたチョキ

スポンサーリンク