軽度知的障害&ADHDな息子と不思議ちゃんの母

2011年生まれの息子リーチは支援学級在籍の小学5年生。2014年生まれのミーもついに1年生に!そんな2人の『今』を忘れないよう記録していきたいと思います。

スポンサーリンク

軽度知的×小3☆現在の学力

夏休みが始まって10日。

まだまだ前半戦ですね💦

 

さて、今日は現在のリーチの学力を覚書。

国語

平仮名カタカナいちよ書けます。

が、きゃきゅきょ等はまだまだ怪しいです。

 

また聞いた言葉を書きだす場合においても、活舌の悪さも影響しているのか

『めんたいこ』を『えんたいこ』と書いてしまったり、あとはADHDの注意散漫のせいかわかっているのに『め』と『ぬ』を書き間違えたり💦

 

次に音読。

これは2年前に比べたらだいぶ上達して、時折単語としてまとめて読める時もありますが、初めて読む文章は特に1文字1文字読み上げる感じで、本人の頭に入るまで時間がかかるようです。

 

その為、私が読んであげればすぐできる問題も、1人だと何を答えればよいのかわからず出来ない事も。私が忙しい時は、ミーが読んであげたり、2人仲良くやってます♡

 

そこで、先日ダイソーでドリルを買ったと書きました👇 

が、その時なかったドリルを別店舗で見つけたので迷わず購入!!

f:id:reachme:20190731153527j:plain
f:id:reachme:20190731153548j:plain
f:id:reachme:20190731153421j:plain

今のリーチにピッタリでして。

問題を解くこともそうだけど、どちらと言うと問題を読んで理解する練習にもなるなと。あ、でも問題自体もまだまだリーチに難しいのもありました。例えば、物の数え方(1足、1頭、1羽)とか。これは全然本人が覚えようとせず、その場しのぎなので出来る日が来るのかどうか(笑)

 

算数

引き算もできますが、3年生になってひっ算も始まったら、引き算と足し算がごちゃごちゃになって間違いが増えたので1学期の間はとにかく足し算をやりました。

 

1桁の繰り上がりのない足し算から始まり、繰り上がりのあるもの、2桁+1桁、1桁+1桁+1桁、ひっ算も繰り上がりのあるもの、ないもの等。

 

たまに間違えもするけど、正解率は日に日に上がっています。

昨日の計算ドリルはこんな感じ。

f:id:reachme:20190731153509j:plain
f:id:reachme:20190731153434j:plain
f:id:reachme:20190731153458j:plain

40題やって2問間違え。数字は汚いです💦

時間ははかってないけど、意外とそんなにかからず途中の答えをメモすればいいのに書かずに1人ブツブツ言いながらやってます( *´艸`)

たまに指も使いますが、段々省略する姿も見られてきているので見守ってます。

 

定型発達児と比べたら、全然だけど。

2年前、1から10までの並びさえあやうかったリーチ。

それを知っている私と旦那はただただ感動( ;∀;)

とにかく、本人には

「リーチは計算が得意だね!すごいね!お父さんとお母さんも計算得意だから、リーチはもっともっと得意になるよ!!」と洗脳してます( *´艸`)

そのせいか、先日支援事業所の面談で、何の勉強が好きか聞かれたら「さんすう!」って言ってました!

ちなみに私も旦那も子どもの時そろばんをやってました!なので暗算は頭の中のそろばん。

なので、リーチには難しそうだけどミーには将来そろばんを教えたいなと思ってます。

 

 

そんな感じで、今年の夏休みはダイソードリル3冊をメインに頑張ってます。

もちろん全て1年生ですが、いいんです!!

漢字は、あまり普段書かないので難しいと言っていますが、計算は文句を言いながらもやり始めれば今のところスイスイやってます。

全て1ページめから順番にやらせているので、計算も後半はだんだん難しくなってイヤイヤになりそうですが、今日現在の進み具合はこんな感じでーす。

 

・ ことばと文しょう 23ページ

・ けいさん 27ページ

・ かん字 20ページ

 


育児ランキング

にほんブログ村 子育てブログへ   ☜ポチが更新の励みに!
にほんブログ村

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク