軽度知的障害&ADHDな息子と不思議ちゃんの母

2011年生まれの息子リーチは支援学級在籍の小学4年生。 2014年生まれのミーは年長さん。こちらは知的に遅れはないが場面緘黙の疑いあり?! そんな2人の『今』を忘れないよう記録していきたいと思います。

スポンサーリンク

4才、自転車に乗れたぁ!

来月いよいよミーが5才に♡

5才ともなると、プレゼントリクエストも始まりました( *´艸`)

リーチの時は見るもの全て何でも欲しがったので、完全に親が決めて当日まで秘密に。

親が決めるとなると、どうしても療育要素が高めだったりしますが(笑)

スポンサーリンク

 

そんな訳で、もうすぐやってくる誕生日を前にやらねばならない事がありました。

 そ

 れ

 は

 ・

 ・

 ・

去年の誕生日にあげた自転車(補助なし)に乗れるようにする事。 

もちろん最初から補助なしでスタート!

が、なんせ猛暑真っ只中の誕生日。

暑すぎて暑すぎて、練習どころではなく。

 

乗ったのは、あげた直後2、3回ほど、近所をぐるっとして終了。

本人は乗りたがりましたが、親がしんどくて💦

f:id:reachme:20181012133735j:plain

そして、10月に入り少し涼しくなったので本格的に練習しようかなと。

が、実際は仕事もあるし、週末はリーチがいるしでなかなか時間が取れず。

リーチは自転車に乗れないので買ってない為、練習する時にリーチがいると自分も乗ると言ってきかないのです💦

 

仕方がないので、私がミーに自転車を教えている間、旦那が大人用の自転車にリーチを座らせて一緒にハンドル持ちながらこぐ練習したりもしましたがこれがなかなかしんどいと(笑) 

 

結果。

天気もほどよくて、仕事のタイミングもあって、できればリーチのいない時間というのが、たまーにしかなくて…必然的に自転車の練習もごくたまーに。

しかも都内という事もあり、近くに自転車を思いっきり練習できる場所というのがなく、比較的車の通りが少ない住宅街の道路で練習するのみ。

 

近所のママさんに、ペダルを外して練習すれば一発だよ~とかも教えて頂きましたが、ペダルを外す作業がなかなか面倒そうだったので、そのまま練習継続。

 

 

でもでも。

先月ようやく乗れるようになりました!!!

 

買ってから10ヶ月くらいかかっちゃったけど、それは完全に親のせい(笑)

実際練習出来た日は30日もなかったので。

多分ちゃんとやり始めたのは年中さんになったぐらいかも。

まずはこがずにシャーシャーと道路を蹴って走れるようにして、そしたら少しこげるようになって。

 

でも、慎重派で怖がりのミーは少しこぐと、転ぶのを怖がりすぐに足をついてしまう。あげくに、今日はこがないと言ってシャーシャーとペダルなし自転車のように乗るだけがイイと言う日も。なので、ジーパンを履いているしお母さんが見てるから転んでも大丈夫なことと、こぎ続けなくてもジーとタイヤが回っている間バランスをとっておけば前に進み、またゆっくりこげばいい事を教えると、ちょっとずつコツをつかんできたのが見えたので2日連続で乗る時間を作ったら乗れました♡

 

まだ乗れたと言っても完全付き添い型の練習はしばらく必要ですが、とりあえずは合格かなと。もちろんたくさん褒めました。

ただそれを聞いているリーチが傷ついちゃうかな(乗れないので)と心配しましたが、リーチがミーに「すごいね!」と言って拍手したのでその姿に涙が出そうでした。

そして、もちろんそんな優しいリーチの事もたくさん褒めました♡♡♡

口には出さなくても、やっぱり多少の悔しさはあると思います。

 

梅雨に入ってからは、雨だったり、暑かったりもあってまた練習できてませんが、誕生日前に去年の誕生日プレゼントの自転車に乗れるようになった事は親としても責任を果たした感がハンパないですヾ(≧▽≦)ノ


育児ランキング

にほんブログ村 子育てブログへ   ☜ポチが更新の励みに!
にほんブログ村

スポンサーリンク