軽度知的障害&ADHDな息子と不思議ちゃんの母

2011年生まれの息子リーチは支援学級在籍の小学4年生。 2014年生まれのミーは年長さん。こちらは知的に遅れはないが場面緘黙の疑いあり?! そんな2人の『今』を忘れないよう記録していきたいと思います。

スポンサーリンク

今度は溶連菌で欠席☆小2男児

肺炎&菌血症で入院して退院して、その後も10日くらいは1日3回の抗生剤を飲んでいたリーチ。それも終わり、平穏な日々を過ごしていたと思ったら。

f:id:reachme:20181105160720j:plain

仕事をしていると携帯がなり、そこには

 

〇〇小学校 の文字。

 

下校時間前の着信。

ハイ、嫌な感じしかしない!

けど出ない訳にもいかず(笑)

 

恐る恐る出てみると…もちろん担任の先生。

退院からまだ半月くらいなのに( ;∀;)

 

「3時間目ちょっとぐったりしているように見え顔色も悪く感じたので検温したところ36.7℃だったので様子を見ていたのですが、給食前再度検温したところ37.0℃で保健室で横になるか聞いたらそうしたいと言うので現在横になっています。」と。

 

 

ちょっと話は逸れますが。

実は先月39℃超えで帰宅した事があったんです。

詳しい記事はコチラ👇

リーチ、久々の高熱!! - 軽度知的障害&ADHDな息子と不思議ちゃんの母

 

その日は朝熱はないけど何となく怪しかったので私も教室まで付き添ってその旨担任に話していて。

デイもお休みにしてヘルパーさんと直接帰宅での39℃超え!

学校にいる間も多分ある程度あっただろうけど、気付いてもらえず何か悲しかったです(検温も1度もしなかったそう)

 

さすがに朝伝えているのだから、具合悪く見えず検温しないにしても、せめて今後はおでこをちょっと触って確認くらいはして欲しいと正直な思いを伝えました。

1番は本人が不調を訴えられれば良いのですが、なかなかそれも難しかったりします。しかも休み時間の鬼ごっこや、体育の動く系は熱が多少あっても普通に楽しんでたりするのでわからないんだと思います。母親は皆そうかなと思いますが、私はとにかく自分の手を信じているのでマメにおでこを触って確認します。で、怪しかったら検温。リーチ本人も年齢と共に少しずつグッタリ感を出せる様にはなったんですけどね~(笑)

 

 

何で、そんなに神経質になるかと言うと。

リーチの場合。

痙攣発作があるからなんです!!

 

もうないと思っていた熱性痙攣も昨年の夏にあったので、やっぱり熱には小さい頃から敏感と言うか、心配で。担任の先生も前回の事もあって、多分今回は早めに対処して下さったんだと思います。

 

本当に感謝しかないです。

 

 

もちろん、仕事はすぐ中断してお迎え。

自営なので、お迎え後また仕事の続きができるからこそ出来る事ですね( *´艸`)

リーチは平熱も36.5~8くらいと同年代に比べると高めなので、37℃ですぐに学校に駆け付けるって先生もちょっとびっくりかもしれませんが(笑)

スポンサーリンク

 

 

そして、アレルギー性鼻炎もあるのでそのまま耳鼻科に寄って診察。

すると、先生喉を診て

 

「怪しいから、検査するね。陽性出なくても抗生剤飲んだ方がいいかも。とりあえず結果出るまで廊下の椅子で待っててね」

 

 

・・・

 

溶連菌 確定!!

5日間また抗生剤の日々決定!!

 

ちなみに溶連菌は感染症なので登校許可証が必要になります。

その内容は。

《 治療開始1日をすぎ、全身状態がよくなるまで 》

 

 

結局、9月にミーがなった時と同じように熱はそれ以上上がらず、翌日は学校をお休みしたけどすぐに登校許可が出ました。 

が、木曜に判明、金曜欠席で、翌日は週末だったので登校は月曜からに。

こらが10月後半の出来事。

 

いつもなら10月に入ると早々に子ども達はインフルの予防接種1回目に連れて行くのですが、今年は肺炎やら菌血症やらで伸び、そろそろ打とうかと思えば溶連菌💦

念の為溶連菌から10日程あけて、今週リーチは接種予定。無事打てるかどうか…。


育児ランキング

にほんブログ村 子育てブログへ   ☜ポチが更新の励みに!
にほんブログ村

スポンサーリンク