軽度知的障害&ADHDな息子と不思議ちゃんの母

2011年生まれの息子リーチは支援学級在籍の小学5年生。2014年生まれのミーもついに1年生に!そんな2人の『今』を忘れないよう記録していきたいと思います。

スポンサーリンク

軽度知的障害×ADHD×骨折②完治までの日数

前回の続きです。 

受診2回目☆怪我から5日後

朝1番で受診→登校

 

初診は旦那のみだったので、私は初。

診察後車でそのまま学校に送るので旦那も一緒に。

※学校は駐車場がない為、2人で行かないと教室まで送っていけないので💦

あと病院で大事な話を聞きたい時は夫婦で行った方が分担(リーチと先生)できて効率的なんです(笑) こういう時、ある程度都合がつく自営はホント助かります。

 

前回撮ったレントゲン写真を見ながら改めて怪我の状態を聞きました。

そして、現在シーネと言われる簡易ギプスだけど、しっかり固定する石膏(昔ながらのやつ)にする事もできるがどうしますかと。

 

石膏のメリット   →しっかり固定

デメリット→先生のOKが出るまでとる事ができずシャワーの時も常にビニールで保護

それに対し、シーネは石膏に比べれば固定の力は劣るらしいけど、シャワーの時ははずしてOKなので衛生的だし、先生もそれで構わないとの事だったので。

 

もちろん、迷わずシーネで( *´艸`)

これについてはまた別途書きますが、シーネでも匂いとの戦いがありまして。

 

かつ、リーチの場合。

お風呂場で毎日片足ビニールなんて無理~💦

シーネでも最初の2日か3日はそのビニール生活をしなくちゃならなくて、体重も27キロ近いんで、大変だったんです。

お風呂場の椅子に座らせ旦那が洗い、私は出たところで待機!

我が家は1階にお風呂場があって、リビングは2階なので最初の2、3日は抱っこかおんぶで上がってました!本人は、非日常と両親そろってお世話してくれる事にテンション上がっちゃってるしで( ̄▽ ̄) もう親はグッタリ

 

そんな訳で、この日は。

  • ギプスシーネ継続決定
  • 腫れているのでしっぷ処方
  • テープは実費で購入(480円)
f:id:reachme:20180612113932j:plain
f:id:reachme:20180612113940j:plain

 

受診3回目☆怪我から9日後

本当は受診日じゃなかったんだけど、前回頂いたシップを貼っていたら湿疹が💦

初日はあれ?ポツポツしてる、かな?くらいだったのが翌日には気持ち悪いくらいの湿疹に!

シーネをしているので、あせもなのかシップが原因なのかはわからないけど、とりあえずシップの使用を中断し受診。

f:id:reachme:20180612114312j:plain
f:id:reachme:20180612114300j:plain

 

先生曰く、シップで湿疹になる人も、シーネで湿疹になる人もいるらしくやはりシップは中断して、塗り薬を処方してくれました。

f:id:reachme:20180612114653j:plain

 これを塗ったらあっという間に元通りに。

スポンサーリンク

 

受診4回目☆怪我から12日後

レントゲンにて確認。

この日、初診ではくるぶしの剥離骨折と思っていたけど、そのすぐ近くにヒビも確認できるとの事。だからどうだという事は特になく、このままギプス継続。

受診5回目☆怪我から19日後

再度レントゲンを撮り、ギプスをはずしてもOKに。

若いので特にリハビリとかはなく、本人が痛くなければ体育もOK。

あとは、カルシウムの量が増えていくとか何とか言っていたような(笑)

受診6回目☆怪我から30日後

レントゲンはなしで、触診のみ。

まだ少し腫れているとの事で、次回レントゲンを撮りますと。

あと、実際にリーチを歩かせてその様子を見たりもしてました。

ちなみに幹部を先生が押すとたまに角度によって痛いと言いますが、本人は普段走りまわっているので、問題ないそうです。

受診7回目☆怪我から41日後

レントゲン撮影。

これで終了で良いとの事。

一瞬パックマンみたいに骨が開いている感じがして聞いたのですが、いわゆる太い骨が折れた骨折とくるぶしの骨折は異なり、くるぶしは端っこの為治っても靭帯にひっぱられてそうなるらしいです。

 

素人なんでうろ覚えですが、そんなようなことを言っていた気がします。

その為、今後レントゲンを撮ったら前に骨折をしたねとわかるらしいです。

言い換えれば、骨折をする前の綺麗な状態にはもう戻らないと( ;∀;)

まとめ

今回の骨折。

受診回数 → 7回

完治までの日数 → 41日


育児ランキング

にほんブログ村 子育てブログへ   ☜ポチが更新の励みに!
にほんブログ村

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク