軽度知的障害&ADHDな息子と不思議ちゃんの母

2011年生まれの息子リーチは支援学級在籍の小学4年生。 2014年生まれのミーは年長さん。こちらは知的に遅れはないが場面緘黙の疑いあり?! そんな2人の『今』を忘れないよう記録していきたいと思います。

スポンサーリンク

体操教室に再びチャレンジ☆ミーGW

去年の夏休みのリベンジができるかとのぞんだ今年のGW。

f:id:reachme:20190719212330j:plain

まずは縄跳びの日。

夏休みは5回あるけどGWは1回だけ。本人の希望で縄跳びコースと鉄棒コースを申し込みました。

 

実は縄跳びのみ、園で仲良しのお友達も一緒。

その為、私も心のどこかで今回は大丈夫と思ってました。

 

が。

現実は、そんなに甘くなかった(笑)

 

まずね、出だしから失敗(;'∀')

友達とは教室で落ち合う事になっていたんですが、まさかのお友達遅刻!

自転車のタイヤがパンクしてしまい、急遽自転車屋さんに行っていたらしい💦

 

実際は5分くらいの遅れだったので、今思えば待っていればよかったんだけど、その時は事情がわからなかった事もあり、他の子達が受付するタイミングでミーも入れてしまったんです。そしたら、一歩足を踏み入れ涙が( ;∀;) 1度出ると簡単には止まらない。

 

そうこうしているうちに、お友達もすぐ来て一緒に行こうと手をつないで誘ってくれたんだけどそれでも「ママと一緒がいい」と号泣。1度は先生が抱っこして連れて行ってくれたものの、あまりに泣いていたので私も教室に入り、隅っこで私と参加😢😢

お友達は楽しそうにやってました。ただミーが気になって途中何度か来てしまい友達ママには申し訳なくて💦

けどそのおかげで、ミーも最後の方だけ笑顔でみんなと参加できました!!

スポンサーリンク

 

 

そして、鉄棒の日。

縄跳びの日の3日後だったし、お友達もいないから行きたくないって言うかなと心配しましたが、「縄跳び(の教室)は初めてだから泣いたけど、鉄棒(の教室)はやった事あるから大丈夫」と、驚きのセリフ。

 

からの。

車で向かう時も平気なんだけど、教室前に来て急に悲しくなるという( ノД`)シクシク

涙は出るけど、決してやりたくない訳ではなくて、ママと一緒にやりたいと。

意外と泣いている子って少なくて、こう毎回だとスタッフの方にも覚えられます💦

親のエゴで無理やり参加させてるみたいに見えてるんだろうなぁと私まで何か悲しくなってきました。まぁ、確かに受講料払ってるから来たからにはやってほしいけど。少なくとも、申し込みは強制ではなく本人の意思なんですと伝えたい(笑)

 

結局この日も、部屋の隅で私と参加😢😢

縄跳びは離れてても自分の縄を持っているので同じ事を私が教えながらやらせてあげれるけど、鉄棒だと出来る事は限られます💦

ホント、最後の最後だけ少しみんなの中に入って参加したけど私はずっと部屋の隅に。

他のお母さん達は、ガラス越しに廊下から見てます。

 

そんな感じで終わったGWの1日だけの体操教室✖2。

結果、リベンジならずでした。

 

リーチの事がなかったらそこまで気にしないのかもしれないけど、親としてはやはり気になるミーのこの状況。何か出来る事はないのかと悩んでいる時、ちょうどリーチの知能検査の結果を聞くため療育でお世話になったSTの先生とお話する機会が。 

最後にちょびっと相談させてもらいました。

その結果はまた次回。 

 


育児ランキング

にほんブログ村 子育てブログへ   ☜ポチが更新の励みに!
にほんブログ村

スポンサーリンク