軽度知的障害&ADHDな息子と不思議ちゃんの母

2011年生まれの息子リーチは支援学級在籍の小学2年生。 2014年生まれの娘は知的には問題ないけれど…最近自由すぎて少々心配(笑) そんな2人の『今』を忘れないよう記録していきたいと思います。

スポンサーリンク

ちょっと遊びっぽくする復習方法②

関連記事はコチラ👇 

今日紹介するのは、算数の『数の合成』

 

計算の基本になるとも言える大事なところチュー

例えば、3といくつで5になるかとか。

スポンサーリンク

 

 

これが何度説明してもわからなくて笑い泣き

指を使っても、物を使っても、オヤツを使っても、その場しのぎでわかろうとしないから目がフラフラ集中しなくて。

 

 

で、考えました。

理解が難しいなら、とにかく今は暗記させようと。

 

 

なので、またまたお得意の工作で(笑)

ダンボールを適当に切って。

PAOCK 充電式ハサミ RES-3.6V

ダンボール切る時、コレあると便利です。

危ないので子どもの見えないとこで使いますが、何気に重宝します。

そしてダンボール、紙より丈夫で飽きたらリサイクルできるので、我が家の療育には必須アイテムなんです。

 

 1. トランプ大の大きさを12枚作る

 2. リーチに0~5の数字を2枚ずつ書いてもらう

 

 

で、出来たのがコレ。

※画像は1組ですが、同じものがもう1組あります。

 

数字もね。

1年生になって書けるようになったんです笑い泣き

※トランプでももちろんOK♡ ただ、リーチの場合はトランプだと絵柄に目がいきがちなので、集中力UPの為にも数字だけのカードを使用しています。あと、『自分で書ける』と言うのが本人もうれしいし自信になってるみたいです。

 

 

そして、息子と私それぞれ1組持ち、

真ん中に教える際わかりやすいようなものを5個おきます。

 

我が家はお馴染みのコレ。

下矢印年中の終わりくらいから愛用のリング10。今回は黄色いリングを使用

A462■【NEWバージョン はじめての木のおもちゃ つみき王国リング10 】WOODYPUDDY ウッディプッディはじめてのつみきWOODYPUDDY新リング10 RING10リングプラス知育玩具積み木製玩具積木RING10つみきの王国積み木の王国G03-1171新品ディンギー

 

 

そして、テンションあげて

「いくよ~、勝負だぁ爆  笑

 

 

と言って、カードをリーチに見せて1枚置きます。

すると、リーチは出されたカードを見て足して『5』になるカードを出すというもの。

 

 

最初のうちは、紙にペアの数字を書いて渡しました。

 

見ながらでも良いので自分で出させます。

 

そして、すごいビックリマーク合ってるチューと言って

一緒に5個の黄色で数えて確認!!

 

その後、『3と2で5』みたいに声に出して一緒に言う。

 

 

みたいな繰り返し。

何度もやっていると少しずつ1と4で5みたいに覚えてくるから、個人的にはイイと思ってたまにやってます。

今はたまに紙を見ないでやる程度だけど、5がしっかりできたら6の時などにも挑戦予定!

 

 

 

 

もちろん、私ばっかり出すと飽きるので、1通り私が出したら次はリーチが出す。

 

そして、たまに「えー、何だろう?リーチわかる?」とか「合ってるかちょっと見て」とかチュー

 

 

 

で、1周したら終わり。

ぐらいにすると、次やる時もわりとスムーズに楽しいまま出来たりしますてへぺろ

 

 

 

リーチの場合。

とにかく、ゲームっぽくするのがイイんです。響くんです!!

 

そして、彼の場合。

ヤダと言ったら、無理強いしないでいると、大概あとから「やっぱやる」と言ってきます(笑)


育児ランキング

にほんブログ村 子育てブログへ   ☜やってみようと思った方ポチっと。


にほんブログ村

スポンサーリンク