軽度知的障害&ADHDな息子と不思議ちゃんの母

2011年生まれの息子リーチは支援学級在籍の小学2年生。 2014年生まれの娘は知的には問題ないけれど…最近自由すぎて少々心配(笑) そんな2人の『今』を忘れないよう記録していきたいと思います。

スポンサーリンク

付き添い登校

 

私も小学生ママ1年生なので、小学生ライフを日々勉強中チュー

旗振り当番が回ってきたり、資源回収の日があったり、学校公開があったり・・・。

  

幸い、同じ学校の通常級には保育園のお友達がわんさかいて。

この事は、リーチにとっても私にとっても嬉しい限り。

やはり、慣れない場所で知った顔があると言うのは子どもも大人も安心するものですラブラブ

 

 

 

支援級なので、朝は息子と一緒に登校。

子どもの足で信号待ちを入れたら25分くらいの距離ランニング

 

 

交通量の多い道路があったり、大きな道路を渡ったりもアセアセ

 

4年生くらいからは1人で行ってもらいたいけど、どうかなぁおねがい

期待せず、歩道を歩く事、渡る時は必ず左右を見る事など、ゆっくり根気よく交通ルールを教えていきたいと思います。

 

 

そんな訳で、学校が近づくと保育園時代のお友達もいたりして。

もちろん息子は大喜び&テンションUPアップ

私も積極的に声をかけるようにしています照れ

 

 

やっぱり皆まだ1年生。

心細さはあるようで、安心した笑顔を見せてくれたり色々話してくれたり。私もほっこりハート

 

 

 

学校近くまで来ると、特に危ないところもなく門を入って昇降口に行くだけだから、息子は一人ダッシュして昇降口へ。

私は途中会った保育園のお友達とゆっくり話しながら登校なんてことも最近ではよくあります(笑)

 

 

 

で、お友達に

「じゃあね~、頑張ってきてね~」

と手を振って、私は息子の昇降口へDASH!

※通常級の1年生の下駄箱が手前で、支援級の下駄箱は奥にあるんです。

 

 

 

すると大体は、座って上履きを履いているか、校庭や昇降口にいる人に釘付けになってボッーと見入っているか笑い泣き

 

そんな感じで、上履き履いてトイレへ寄らせてから教室へ送り届けて私は仕事へ・・というのが毎朝の日課になっています自転車

スポンサーリンク