軽度知的障害&ADHDな息子と不思議ちゃんの母

2011年生まれの息子リーチは支援学級在籍の小学2年生。 2014年生まれの娘は知的には問題ないけれど…最近自由すぎて少々心配(笑) そんな2人の『今』を忘れないよう記録していきたいと思います。

スポンサーリンク

ついにアンパンマンで映画館デビュー☆

去年あたりからリーチがしきりに「映画みたい」とアピールしていて[カチンコ]多分それは園のお友達の影響なんだけど。

 

そうだよねぇ。

5才だったら仮面ライダーの映画とかディズニーの映画とかお休みに見に行く子も増えてくるよね[目]

まぁ、とは言っても去年の時点ではまだウチは無理~って感じで。

 

けど、そろそろ経験させてあげてもいいかなぁと、私たちも思い始めて。

 

その理由は、

①興味のある事なら1時間くらい大人しく座ってられる気がする。

②何より本人が見たがっている。行きたがっている。

③ちょうど上映中のアンパンマンなら2人とも楽しんでくれそう(未だにリーチも真剣にテレビのアンパンマン録画を見るので)

④実はミーは来月で2才なのでその前に行くことでお得!(アンパンマンの映画は2才から有料[exclamation]

⑤夏休みまた映画に行く子も多いと思うのでリーチにも経験させてあげたい!

 

 

逆に心配だった事は

①暗くなった時に2人、もしくはどちらかが怖いと泣く

アンパンマンがやられそうになった時にリーチが泣き叫ぶ

 

その為、①に対しては映画館にはママと子ども2人で入り、パパは外で待機☆例えば妹が泣いた時などは手渡せるように。

②に対しては、常日頃から必ずアンパンマンは1度やられても新しい顔が来て絶対勝つから大丈夫と説明している(笑)

 

リーチにとってヒーローがやられるところを見るのは本当に一大事で正直こちらがびっくりするくらいギャン泣きするんです[もうやだ~(悲しい顔)]

仮面ライダー、戦隊ものはもちろん、アニメでも何でも。「怖いんだったら見ないでいいよ」と言っても、パパかママに抱き付きながら見たいと。とは言え、それを超えて怖くなった時は自分で消してますが[たらーっ(汗)]

 

先日テレビでやっていた『ファインティングニモ』も2回に分けて見せたんですがかなり泣き叫んでました。でも最後まで見たいと言ってピンチ以外は一生懸命見て意外と楽しんでました。

 

そんな感じで、長くなりましたが結果行って良かったです[揺れるハート]

さすが子ども映画アンパンマン[exclamation×2] 

この時見たのはコレ👇

 

もうすぐ2才のミーもママの膝の上で泣く事なく過ごす事ができて。(おやつは食べさせましたが)

 

何より1時間という時間が良かったです。ミーにもリーチにも、そして私にも(笑)正直これ以上は我が家にはまだ無理~と実感したのも確かです[目]

あと、これは映画館により異なると思うけど、広さが子ども映画仕様で大人用のと比べるとこじんまりしていたのも良かったです。人の入りも休日でしたが満員ではなく半分よりちょっと多いくらいで、途中ちょっと泣いちゃった子もいたし、思わず声が出てもお互い様って雰囲気だったので気がラクでした[わーい(嬉しい顔)]

ちなみに帰宅してから寝るまでは、すっかりナンダナンダルンダ[るんるん]モードで遊んでいました[ぴかぴか(新しい)]

 


育児ランキング

にほんブログ村 子育てブログへ   ☜ポチッが更新の励みです。
にほんブログ村

 

スポンサーリンク