軽度知的障害&ADHDな息子と不思議ちゃんの母

2011年生まれの息子リーチは支援学級在籍の小学5年生。2014年生まれのミーもついに1年生に!そんな2人の『今』を忘れないよう記録していきたいと思います。

スポンサーリンク

言語発達遅滞の5才男児


にほんブログ村

 

息子は年長さん。

全体的に成長がゆっくりで、現在は『軽度知的障害』と診断が下りています。

 

特に言葉は本当にゆっくりで。

 

2才。

遅かった子も言葉が出始めて。

息子はこちらの言っている事は理解できるんだけど、発語が極めて少なく、「んっ!んっ!」って感じが多かったかな。

 

周りからは、「男の子は遅いよー」とか「1人目はゆっくりだよね」とか「今は貯めてる時期だからこういう子はしゃべりだしたら早いよー」とか。。。

 

時には私の接し方をこうしたら?とか言われることもショボーン

何か私自身いろいろ悩む時期でした。

 

3才。

親も必至に言葉を引き出そうと頑張る日々。

パパやママ、ワンワンなど言える言葉もいくつかありましたが、多くの言葉は1語のみ。

 

例えば、バナナは「バ」、お茶は「チャ」、ごはん「ご」

みかんは「み」、イオンは「い」、イトーヨーカドーも「い」

もう冗談とかでなく本当に脳トレしてるみたいでした。

息子のジェスチャーもメキメキ上達したし(笑)

 

途中から保育園に入り、集団保育でグッと伸びると言われ・・・

現実はそれ程変わらなかったけど(笑)

毎日聞いていた「せんせい」だけは唯一4文字言えて感動したのを覚えています。

ちなみに先生の名前はくどう先生なら「く」、あらかわ先生なら「あ」と言っていましたほっこり

 

発語についてはそんな感じですが、指さしは問題なく、他の人の指示理解も正常でした。

 

 

4才。

4才になる直前から療育も始まり、診断も下り、親子ともに頑張った1年。

療育に加えて口の周りの筋肉も育ってきたのか、徐々に1文字から単語になり、単語をいくつか並べる2語文、3語文も可能に。

 

滑舌もよくないので、本人に「自分はおしゃべりが上手じゃない」という認識も芽生える。

それでも、伝わらないと丁寧に1語ずつ話すようにラブラブ

 

 

5才。

そして5才半の今。

もちろん周りの子のように思ったことを相手に伝えるのは上手にできません。

 

滑舌も相変わらずで、上手に口を動かして言葉を発するのが苦手です。

何を言いたいのかわからない事もあります。

 

けど、確実に伝えるのが上手になりました合格

 

 

 

そして!!

言いたい事が少しずつ、言えるようになってきた今。

息子は最近いろいろと保育園のお友達から吸収してきた言葉をちょくちょく使います。

 

ちょっと前までは

 

「あー、しっぱい、したー」 とか 「セーフー」 とかよく言っていて面白いなと思っていたのですが、最近は。

 

 

「マジ」 とか 「やっばー」 とか 「クッソー」とか笑い泣き笑い泣き笑い泣き

 

全然似合わないし、どこかぎこちないんだけど、本当に言葉を覚えたての子が使ってるみたいで可愛くて。

しかも、ちょっとズレた使い方の時とかもあったりして爆  笑ラブ爆  笑

 

 

いちよ本人には

「そんな言葉つかわないよ-。○○○って言おうねー」

とか言うもののママとしてはこんな事言えるくらい成長したんだねラブラブと嬉しくなる今日この頃です。

 

 

 

下矢印ここでもブログやってます。

ORANGE☆POWER虹

http://orangepower.blog.so-net.ne.jp/

 

 

 

   ←応援クリックお願いしますグラサンハート
にほんブログ村

 

スポンサーリンク