軽度知的障害&ADHDな息子と不思議ちゃんの母

2011年生まれの息子リーチは支援学級在籍の小学4年生。 2014年生まれのミーは年長さん。こちらは知的に遅れはないが場面緘黙の疑いあり?! そんな2人の『今』を忘れないよう記録していきたいと思います。

スポンサーリンク

5才、縫い仕事始めました(笑)

リーチはご存知の通り、多動っ子。

しょっちゅう転んではズボンに穴を開ける。

何なら、小さい穴も暇つぶしに?!自力で大きく引き裂く事も💦

最近はほぼハーフパンツなのでないですが、その分手足どこかに必ずアザがあります😢

 

ミシンも使いますが、ズボンの膝部分とか洋服の修復は手縫いがほとんど。

その為ミーも私がチクチク縫う姿は小さい頃から割と目にしています。

「私もやってみたいなぁ~」と4才くらいから興味を持ち始め( *´艸`)

 

さすがに針は怖かったけど、ミシンならいいかなと。

シンガー(SINGER) コンピュータミシン 文字縫い機能付(ひらがな・数字・アルファベット・漢字) ハードケース・フットコントローラー・ワイドテーブル付 SN778EX

5才になったくらいから時間がある時に何度かまっすぐの試し縫いデビュー。

足踏みは届かないので、スタート&ストップボタンで操作。

それも最初は私がやって慣れてきたら自分で。

 

そのうち、針が刺さった状態で止めてレバーを上げて、布を回転させて方向を変えれる事も教えると難なくマスター!たまに止めるのが遅れる事があったので、早めに止めて手動ですすめるよう教えたらやりやすかったようで、自分のペースでやってます。

もちろんモードは1番『おそい』に合わせて。

 

まぁ私自身も、お裁縫が得意ではないけど、嫌いじゃない( *´艸`)

 

その為、リーチやミーが入園入学の時は、日暮里繊維街に行ってまとめて安くいろんな布買ってきて作ったりも。今はわからないけど、当時は1M100円の布もわんさかありました。

 

そんな訳で、余り布のストックは割と豊富。

ミーが遊びでやる分は十分あるのです!

 

 

そして、先日。

ついに、本人の強い希望で手縫いもデビューしました(≧▽≦)

まずは、針に糸を通させて。

玉止めは私がするところを見せて。

 

次に、フェルトに

ー ー ー ー ー ー ー 

と、布ペンで線を書いてあげてそこを縫う『なみ縫い』の練習。

f:id:reachme:20200721135608j:plain

初めてとは思えない出来に、感動!! ハイ、親ばかです(笑)

 

もっとやりたいと言うので。

別のフェルトを折って2枚一緒に『かがり縫い』をしてもらい、その後私がボタンを付けてあげ完成! ボタン穴はフェルトなのでハサミでチョキン✄

f:id:reachme:20200721140352j:plain
f:id:reachme:20200721140419j:plain
f:id:reachme:20200721140422j:plain

 

また別の日には。

マスク作りで使ったガーゼ(約15×30㎝)を中表で半分に折り、その周りをなみ縫い。

最後少し縫わずに玉止めして、裏返して表にして、周りを2週ミシンで縫ってハンカチも作りました!!

なみ縫いは布ペンで点線ではなく直線を書いて縫わせました。玉止めも裏なので一緒にチャレンジ!

ミシンの時は特に線は書かず。

ほとんど1人で作れたのですごい自信になったみたいです。

今はコロナの関係で園ではペーパーを利用しているので出番は少ないですが、自分で作ったハンカチなのでとても大切に使っています。

f:id:reachme:20200721141125j:plain
f:id:reachme:20200721141135j:plain
f:id:reachme:20200721141143j:plain

来月には6才。来年には小学生!!

興味がある事は、何でも少しずつ教えていければなと思ってます。

 

ちなみに家庭科は5年生からだそうで、リーチも来年お裁縫デビュー!!

支援学級ももちろんあります。

が、こちらは本人がやりたがらないので、先取りせず学校にお任せしたいと思います( *´艸`)


育児ランキング

にほんブログ村 子育てブログへ   ☜ポチが更新の励みに!

スポンサーリンク