軽度知的障害&ADHDな息子と不思議ちゃんの母

2011年生まれの息子リーチは支援学級在籍の小学4年生。 2014年生まれのミーは年長さん。こちらは知的に遅れはないが場面緘黙の疑いあり?! そんな2人の『今』を忘れないよう記録していきたいと思います。

スポンサーリンク

小児神経内科の定期受診

先日、総合病院での定期受診がありました。

小児神経内科の専門外来です。

 

主にてんかんを診てもらっていて、抗てんかん薬(デパケンR) を処方してもらいます。

f:id:reachme:20190629232418j:plain

が。

ここは現在発達のお薬を処方して頂いているもう1つの病院に通う前、乳児の頃からお世話になっており、3才からは発達検査(新版K式)もしてもらっているので痙攣の事だけでなく色々相談させて頂いてます。

 

またもう1つの病院で今出されている薬の事や、こないだやったウイスクの事など診察内容も共有。大体2ヶ月に1度の診察なのでその間のリーチの様子をざっくりと。

ウイスクの結果については、まだ記事にしていなかったのでまた今度まとめたいと思います。

※今のA先生になったのはリーチが熱性だけでなく無熱性発作が頻発した3才から。

スポンサーリンク

 

 

そして、実は。

ミーもリーチの後に毎回受診しています。

ミーは幸い熱性痙攣もなくきているので、てんかんとは全く別で。

診てもらっているのは、便秘 の事。

A先生は神経内科が専門で非常勤できているドクターなので、普通ならA先生が診る患者ではありませんが、リーチのついでという事で特別に( *´艸`)主な目的は便秘薬の処方なので兄妹まとめて診て頂けるのはアリガタイです。

 

ちなみに。

ミーは近所の普通の産院で出産。が、生後すぐ先天性疾患が見つかり産後すぐ緊急搬送になり救急車で運ばれ、その病院がA先生がいる大学病院だったのです!

その為、NICUでお会いする事もしばしば。

A先生は脳などの神経内科が専門なので直接ミーの担当ではなかったのですが、産後突然の出来事に不安でいっぱいだった私達夫婦にとって顔見知りのドクターがいた事は何となく安心できて嬉しかったのを覚えています。

 

そんな訳で。

不思議なご縁でミーのNICU時や手術内容も知っているし、今はその大学病院の定期受診は年に1度ですが、その経過を話すにしてもA先生の在籍している病院なので何となく話しやすいのです。

 

 

と、前置きが長くなりましたが。

リーチの診察で、

夏休みに脳波をする事が決定!!

 

前回の脳波は昨年の今頃だったかな。

その時の記事はコチラ👇 

けど前回はこの総合病院ではなくもう1つの発達を診てもらってる病院!

最近は何となく交互に録ってます(笑)

もちろん、結果はデータでもらって共有(^^♪

 

と言う訳で、次回の受診は夏休み。

前回トリクロ(眠剤)使わなかったと思って、なしでお願いしたけど今ブログ読み返したら前回使ってた( *´艸`)多分前々回は使わなかった気が。

 

まぁ、寝てなくても頭の電極をイタズラしなければOKという事だったので、ご褒美でツレば大丈夫かなと思ってますが、どうなることやら。

あ、でも服薬中の薬の副作用もあり基本的に私が寝かせつければ割と寝やすい方だと思います。とりあえず、眠くなるようにスイミングの日の夕方にしておきました♡


育児ランキング

にほんブログ村 子育てブログへ   ☜ポチが更新の励みに!
にほんブログ村 

スポンサーリンク