軽度知的障害&ADHDな息子と不思議ちゃんの母

2011年生まれの息子リーチは支援学級在籍の小学4年生。 2014年生まれのミーは年長さん。こちらは知的に遅れはないが場面緘黙の疑いあり?! そんな2人の『今』を忘れないよう記録していきたいと思います。

スポンサーリンク

とりあえず様子見で。

今日のタイトル。

何かと申しますと。

 

ズバリ。

リーチがお尻を出す事を楽しんでいる!!

 

です(*´Д`)

 

 

現在、小学2年生男児。

男子なら全員とは言わないけれど、通る道なのか。

けど息子は、軽度知的障害あり

 

なので、余計に母としては心配なところ。

経過はと言うと、こんな感じです。

スポンサーリンク

 

 

まず、気が付いたのは1ヶ月くらい前。

リビングの死角的場所でコソコソしているので、軽い気持ちで見るとズボンをちょっと下げたり??上げたり?お尻を出したり??

 

一瞬、私の頭の中が真っ白に。

怒るというより、意味が分かんなくて。

やっと出た言葉が「何、してるの?」でした。

 

リーチはちょっと焦って「べつに、なんも。」

その後ちょっと苦笑い。

 

そこは、まだオムツを履いていた頃、隠れてウンチをしていた場所。

なので、今さらここでウンチしちゃうの??と焦りました(笑)

 

その後も数回あったので、その都度注意。

そしたら、ある時からその死角場所でこっそりやるのはなくなって、フトした時にリビングでお尻だけ出すように( ;∀;)

今思えば、死角でやっていたのはスムーズにお尻だけを出す練習だったんじゃと思っています。

 

ちょうどその頃、ADHDで通っている病院の受診があったので迷わず先生に相談!

受診時なので、当然リーチも同じ部屋にいます。本人は「言わないで~」と笑いながら言ってました。

 

すると、今の段階ではまだどうしてやっちゃうのかわからないとの事。

ただ先生が思うに、リーチは見つかるか見つからないかのスリルを楽しんでいるんじゃないかな?と。なので、あまりダメダメしないで少し放っておいてもいいかもね、と。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

その後も相変わらず、たまに思いつくとお尻を出すリーチ。

見ると出すのをやめて「なんも!」という時もあるし、無視してると「ねぇねぇねぇ」と見てアピールをしてくる事も。

 

そうです。これを読んでいる大半の方のご想像通り。

旦那とは『クレヨンしんちゃん』の影響が大きいかもねと。

 

ほとんど見ないんですが、出すようになったあたり何度か見たかも。また保育園時代に見た事もあったと思うけど、当時は何でお尻を出しているのかよくわからなかったと思うんです。それが今ようやく〔お尻を出す→面白い〕と幼児的発想を理解し楽しんでいるだけなのかもしれません( *´艸`)

 

 

とは言え、彼は 2年生

家の中だけなら、今だけと100歩譲っても癖になったら大変。

その後実際、外でお尻を出しそうになった事があったので、さすがに厳しく何でダメなのかを教えました。

f:id:reachme:20180419134702j:plain

 

それからは、トイレに行く時とか早めにお尻を出しながら歩いていたり、フトした時(無意識に?)やってしまうので私が無言でニラム見ると、「警察、言う?」とか「あ、だめだー」としまってます💦

 

そして、しんちゃん世代ど真ん中の妹ミー。

リーチがやるなら私もと、すかさず真似してます💦

先日着替えの時にお尻を出して「お尻プリプリ~♡」と。

もちろん、こちらも即注意( ̄▽ ̄)

 

リーチはそれを見て、「お母さん、ミーダメね。恥ずかしいよー」って。

リーチが教えたんじゃーと思いながら、「そうだね。恥ずかしいよね。やっちゃダメな事だよね!」と言っておきました。

頼むよ、お兄さん!!!

 

やり始めて、1ヶ月。

まだ完全になくなっていませんが、このまま様子を見たいと思います。

そして今後なくなる事を祈ります。

 

いちよブログにも記録として残しました。

担任の先生には何も言われていないので、多分学校ではやったことがないと思います。


育児ランキング

にほんブログ村 子育てブログへ   ☜ポチが更新の励みに!
にほんブログ村

スポンサーリンク