軽度知的障害&ADHDな息子と不思議ちゃんの母

2011年生まれの息子リーチは支援学級在籍の小学4年生。 2014年生まれのミーは年長さん。こちらは知的に遅れはないが場面緘黙の疑いあり?! そんな2人の『今』を忘れないよう記録していきたいと思います。

スポンサーリンク

毎日の天気

 
息子が年長さんになって、クラスで毎朝『今日の天気』の時間があるそう。
 
 
 
 
これは、全く難しい事ではなくて先生が
 
太陽曇り雷傘 太陽曇り雷傘
「今日のお天気はどうかな~??」
 
と聞いて、みんながその日の天気について発言するというもの。
 
 
時間にしたら5分くらいの事なんだろうけど、私はこれを知ってとってもいいなと思いましたニコニコ
 
 
 
 
それまでお天気にそれほど興味のなかった息子が、家でも朝起きた時やお外に出たときに空を見て
 
「今日はくもりだね」 とか 「今日は晴れよ。暑いよー」とか照れ
そもそも暑い寒いも鈍感で適当に発言していた子なんです。
 
未だに今日が何月何日かわからない息子にとってはすごい成長ですアップ
ちなみに、カレンダーに毎日印を付けて日付を認識させるという事も以前やっていたのですが、印を付けている時でさえ気持ちが集中しないので親子ともに挫折してしまいました汗
 
 
 
そんな息子だけど。
おかげで天気については聞かなくても、毎日のように話してくれるようになりました。
 
すると自然にテレビの天気予報にも興味が出て、そうなると日本地図が出た時に住んでいるところはここだよ。とかも普通に教えるより頭に入りやすく合格
 
 
 
そして、最近は黒い雨雲があると、「ママ、ワルイ雲がいるねー」とかゲラゲラ
曇っている日でも天気予報が晴れだと「今日は晴れよー」とか
たくさんの雲があると、雲をいろんな物に見立ててくれたり音譜
 
あと半月だった日の夜、「見てー、今日は半月だねー」というと
「違うよビックリマーク 雲で半分隠れてるんだよ」とか(笑)
 
 
同じ年齢の子と比べるとまだまだ幼い息子だけど、親の気づかないところでもたくさんの事を吸収して成長してくれているんだなぁと嬉しくなりましたラブラブ

下矢印こっちでもいろいろ更新中です。

ORANGE☆POWER虹

http://orangepower.blog.so-net.ne.jp/